FC2ブログ

Pianotte ~ ぴあのって ~

大阪府河内長野市のピアノ教室です。レッスン日記や、レッスングッズ、使っているテキストやCDの感想、日常の中で気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

伸びる子はどんな子?

ピアノがうまくなるのは、どういうとき?

いろんな生徒ちゃんを見ていて思うこと。

素直に、人の話を聞ける子は、

最初の歩みは遅くても、
ふと気づいたとき、ビックリするほど
ステキな演奏をしてくれるんですね。

これって


たくさんの対話をしているうちに、

どんどん自分で考えて、
良いものを作ってくれているからでしょう。


アドバイスをしたあと、自分でそのアドバイスを
どれだけ受け入れることができるのか・・・。

素直に話を聞くことに、つながっているけれど、

「なんでそんな事、言われなあかんの?」 とか

「また○くれへんかった」 とか

「音、あってるのに別にいいやん」 みたいな感じで

プーとほっぺをふくらませて、ふくれていてはダメ。


出来ていないものは、出来ていないと
キチンと自分自身で認めて、それを乗り越えられたとき、

きっと人を感動させるような演奏ができるんじゃないかな?


ピアノの場合、「どう弾きたいのか」っていう
明確が目標を持っていれば、そのためには何をすれば良いのか・・・

逆算して考えていけるんじゃないかな?




関連記事

| [雑記]TEA TIME | 22:34 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ああ…
仕事でもおんなじですね。


だからあたしは伸びないんだ…(自滅(^^;;)
はははっ

| take1962 | 2006/05/27 03:57 | URL | ≫ EDIT

    ↑
かめちゃん、すんません。
このコメント、
フォローのしようがないわね(笑)

| take1962 | 2006/05/27 03:58 | URL | ≫ EDIT

>take1962さん

うはは~(^^;)

なんていうのかな?
ちょっと思ったことなんですけどね、

ちゃんと目標を持っていたら、その過程で言われたことっていうのは、
ちゃんと受け入れられるんだと思うんです。

すぐじゃなくて、自分で認めるまでに時間がかかったとしても、
「私は、○○が目標なんだ」っていうのがあれば
そのために、何をすれば良いのかっていうのは、
考えるじゃないですか。

考えることが、素直に受け入れることにつながっていくんじゃないかな?と思います(^^)

| かめちゃん@管理人 | 2006/05/27 06:50 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pianotte.blog53.fc2.com/tb.php/51-741c3b5c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT