Pianotte ~ ぴあのって ~

大阪府河内長野市のピアノ教室です。レッスン日記や、レッスングッズ、使っているテキストやCDの感想、日常の中で気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

読譜

導入期の生徒ちゃんが、少しピアノに慣れてきたら、
ピアノの白鍵を1つ飛ばしで

線の音
ソシレファラ真ん中のドミソシレファ
全部で何個?11個

間の音・・・



と、「音符が読めるようになる呪文の言葉」として教えています。

鍵盤で言えるようになったら、大譜表カードを利用して
音符を読んでいきます。
大譜表カード

      ↑↑裏は、間の音符になっています。

生徒ちゃんたち、実は、これに何の意味があるのか
イマイチわからないままやっています(^^;)

でも、これをやっておくと、
わからない音がでてきても、自分で音符を読むことができるんですね。



音符が読めなくて詰まったとき、

「その音は、線の音?間の音?」と、聞くと

この大譜表カードを思い出すようです。

で、五線の下から
  線の音
  ソシレファ・・・

と、数えています。

導入期は、これだけできればOK。


----------------------------
先日、吹奏楽部で、フルートを吹いている中学生が

「加線が増えても、大譜表カードをやっていたおかげで
 読むのに苦労したことないよ」

と、話してくれました。

線と間に分けて読譜できるので、
他の子にくらべて、読譜がはやいらしいです。

顧問の先生からも、○○ちゃんは読譜がはやいからと、
パートリーダーにも指名されたそうです。

「先生がしつこく大譜表カードをやらせてくれたからやわ~」と言って
帰っていきました。

こういう言葉を聞くと、なんかうれしいよね~(^^)

ちなみに、この生徒ちゃん、小学生の頃から
五線のヘ音記号の一番下のファから、ト音記号の一番上のソまで、
フラッシュカード24枚を、17秒前後で読んでいました。

毎日の地道な努力って、いつの日にか実を結ぶんですよね☆


関連記事

| [ピアノ教室]レッスンのこと | 23:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私もこの呪文取り入れさせてください~っ。
前回の「音コン」の譜読みの出来が悪く・・・何か確実に覚えてもらえる方法を試行錯誤中。
写真の大譜表は何か教材?
横に鍵盤もついていてわかりやすいよね~。

| Asuka | 2006/05/16 10:35 | URL | ≫ EDIT

>Asukaさん

呪文、全文わかるかな?
もしわからないようだったら、メールしてね。

写真の大譜表は、バスティンの講座をされている藤原先生に、教えていただいた教材です。
楽器店によっては、置いているところもあると思うよ。

横に鍵盤がついているから、音がわからなかったら
鍵盤のほうにたどっていくの。
そしたら、答えがわかる仕組みになってるのよ(^^)v

| かめちゃん@管理人 | 2006/05/16 12:00 | URL | ≫ EDIT

わ~、この表いいですね♪
私にも使わせてくださ~い!
今まで普通に順に音符が並んでいた大譜表で使っていたのだけど、どうも小さい子は線間線間と読むのが苦手なようで・・
ピアノの鍵盤までついているのがアイデアですね☆

| サトウ | 2006/05/28 08:14 | URL | ≫ EDIT

>サトウさん

この大譜表、大きな楽器店なら、置いていると思いますよ。
私は、音符はシールを貼って使っています。
青とかピンクのシールを貼って、はじめは、
シールに音名を書いて覚えるときの負担を軽くしています~(^^)

そうそう。音符の横を見ると、鍵盤があるから
音の確認がここでもできるんですよ~。

| かめちゃん@管理人 | 2006/05/28 21:31 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pianotte.blog53.fc2.com/tb.php/46-f83d625e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。