Pianotte ~ ぴあのって ~

大阪府河内長野市のピアノ教室です。レッスン日記や、レッスングッズ、使っているテキストやCDの感想、日常の中で気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

見守ること

強育論の続きですが、

今度は、ここから発展して、ピアノのレッスンのことです。



ここ最近の私のレッスンは、

子供たちにわかるように、噛み砕いて丁寧に教えることを
根本においてきました。

が、この強育論-The art of teaching without teaching-を読んで
もしかしたら、間違っていたのか?という気もしています。


大人数(とまではいかなくても)グループでの授業と
個人レッスンでは、違いはあると思います。

が、何度、丁寧にわかるように教えても
少し時間がたって、同じことを質問しても
覚えていないっていうのは、

「わからなくても、また先生がちゃんと教えてくれるやろ」

って、子供は考えているのかもしれない・・・。

と、思うようになったんです。


そう考えると、私が子供の頃のピアノの先生は
不親切でした(笑)

楽典的なことなんて、音大を受験することが
決まるまで、勉強していなかったし、教えられもしなかった。

弾くことに関しても、ちゃんと指導はしていただいていたけれど、

自分自身で、何度も弾いて、自分自身で何かを感じ取ることのほうが多かった。

ような気がします。


だから、今、自分で弾いていても、
「考えながら弾く」ことができるのかもしれないです。


今、生徒ちゃんたちに「考えて弾く」ことを
ちゃんと教えられているかな?

と、考えてしまいました。

「考えを導きだす」指導はしているけれど、
子供が自分で、家で練習している中で、
曲のことを考えているのかな?というのは
まだまだかもしれないです。


そういうレッスンが出来るようになるように
もっともっと指導に関する勉強をしていかないといけないな~と、
強育論-The art of teaching without teaching-を読んで感じました。


がんばろっp(*^-^*)q



あ!この宮本さんのパズル、面白いですよ。
なんというか、普段は使っていない脳の部分を酷使するようなパズルです(笑)
でも、できると、すごい達成感があります(^^)

強育パズル1 たし算パズル たて、よこにたす! 初級編
宮本 哲也

強育パズル1 たし算パズル たて、よこにたす! 初級編
強育パズル2 かけ算パズル 四角に分ける! 初級編 強育パズル 3 たし算計算ブロック初級編 合格パズル (1) 強育ドリル 強育パズル 4 かけ算計算ブロック初級編
by G-Tools


音楽の世界を広げましょ♪
今日からアロマ生活始めませんか?
関連記事

| [ピアノ教室]レッスンのこと | 10:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

依頼心

ピアノのレッスンも教え込むだけならそんなに大変ではないといわれた事がある。只ただ、先生のまねをさせる。
でも、その時に弾けるようになっても、いつまでたっても自分一人で曲を仕上げられない生徒になる。
それだけでなく、依頼心の強い子供になってしまうような気がしている。

今回発表会に向けて、練習します、頑張りますを繰り返して言ったけれど、
殆ど練習して来なかった中学生がいる。もう日にちが無いのと、家が近いので3日連続でレッスンした(こんな事はじめて)。自分からはなかなかやろうとしないけれど、私が弾いて覚えさせてまねさせて。。。何とか曲が形になってきた。
でも、結局彼女は一人では曲が弾けないのよね。。。

でも、今回の事で、自分が練習しないと弾けるようにならないし、
わかったつもりと出来る事とは別という事が理解できるようになってくれているような気がする。。。

ピアノの発表会では、練習しますと言ってさぼってたとえ恥をかいたとしても、その時だけですむけれど、受験の時には取り返しがつかない寂しい想いをするよ。。と言ったら目の色が変わってきたわ。。

| ばっは | 2007/03/14 23:34 | URL | ≫ EDIT

>ピアノのレッスンも教え込むだけならそんなに大変ではないといわれた事がある。只ただ、先生のまねをさせる。

こういうレッスンのこと、聞いたことがあります。
特にコンクールの前になると、先生の真似をさせるとか・・・。
長い目で見たときには、生徒のためにならないのにね~。

>ピアノの発表会では、練習しますと言ってさぼってたとえ恥をかいたとしても、その時だけですむけれど、受験の時には取り返しがつかない寂しい想いをするよ。。と言ったら目の色が変わってきたわ。。

うんうん(^^;)
面倒だな~とかっていう理由で、逃げていても結局どこかで
帳尻を合わせるために、苦労する時期っていうのはありますよね!
それだったら、苦労しているという気にならずに、
日頃からコツコツと努力するほうがずっとラク。

な~んて、わかっていて、生徒ちゃんたちにも話すんだけど、
自分でもギリギリまで仕事を溜め込んでいることがある私も反省します(汗)

| かめちゃん | 2007/03/15 13:02 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pianotte.blog53.fc2.com/tb.php/257-471c3363

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。