Pianotte ~ ぴあのって ~

大阪府河内長野市のピアノ教室です。レッスン日記や、レッスングッズ、使っているテキストやCDの感想、日常の中で気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

仕事していると

私が今使っている手帳の監修をされている
佐々木かをりさんのブログを読みながら、うんうんとうなずいてしまいました。


子供にとって(特に小さい間はそうだと思うのですが)
学校から帰ってくるときに、お母さんがいないというのは
寂しいものだろうと思います。

幼稚園・保育園の間は、延長保育などでしのげるのですが
小学校になると、学童があったとしても
帰ってくる時間に、間に合わないことってあると思うんですよね。


そんなとき、子供に

「学校から帰ってくる時間に、お母さんは家にいて」

と、言われたら・・・。


私も「ごめんね」とは言わないと思います。

なぜ、言わないのか、考えてみました。


私は、子供たちの出産前後に、1ヵ月半だけお休みをいただいて、
即レッスンに復帰したんです。

復帰初レッスンのとき、

「私は、この仕事が好きやったんやな~」

と、思ったんです。



だから、仕事をしているのは、私にとっては当たり前のことなんです。

たぶん子供が何を言っても、この仕事をやめることはないだろう
という確信のようなものもあります。



子供たちも、私は、ピアノを教えているのが当たり前と思っているようなので
学校から帰ってくる時間に、顔をあわせる事が出来なくても
特に何も言いません。


仕事をしていても、子供たちとの時間を
きっちり取っていれば、それで良いんだろうと思います。

うちでは、おしゃべりの時間は、車で移動している時間と
お風呂の時間というのが多いかな~。


仕事と子育ての両立。
簡単なことではないけれど、うまくやっていけるといいですよね(^^)


佐々木かをりさんのブログ今日の想い



▼音楽の世界を広げましょ(^^)
 コチラをポチッとクリックしてくださいね。

▼かめちゃんオススメ講座
きのうより、ちょっとポジティブな自分になる♪コーチング入門講座

無料着メロサイトといえば







関連記事

| [雑記]日々徒然 | 23:20 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

同感です。

私もこの仕事10年ぐらいしてるのですが チビ娘が生まれるときは 今の仕事をしていたので 産後3週間で復帰しました。産休として一ヶ月だけお休みもらったんです。代わりがいないので 祈るように妊娠中をすごしたことを思い出します。

私も子供に 「お母さんが先生で嫌かな~?」って聞いたこともあるんです。家でおけいこをしていると ほったらかしになるので。。。
でも子供たちは「おかあさんが先生でよかったよ。」といってくれるので それを励みにがんばっています。

私も この仕事 どんなことがあっても やめないと思います♪

| non | 2007/01/26 09:45 | URL | ≫ EDIT

私も……

同じ思いです。
ただ、3歳ぐらいまでは、子どもがというより私が一緒にいたいので、家で働くことを選びました。
それにこの年齢ぐらいだと、「なぜ働いているのか」を話してもわからないと思うし。

「趣味」で働いているわけではないので、「ごめんね」は必要ない!と思います。

| リエ | 2007/01/26 10:03 | URL | ≫ EDIT

むずかしいなぁ

自営業の家に育って
不器用な性格のくせに、
全て自分でしょってた母のそばで
寂しい思いしたから…

今は、ごめんねって言っちゃうんだ、私。

生活のための仕事だったら
きっと「ごめんね」と言わないと思うの、私の場合は。

たぶん…これからも、悩みながら
仕事していくのだと思う。

| take1962 | 2007/01/26 12:33 | URL | ≫ EDIT

>nonさん

実は、私も妊娠中に入院を経験しているので(2回とも)
産前産後を通して、ちゃんと持つのか?って気持ちは
いつもありました。
でも、不思議とやめようとか、休もうとは思わなかったですね~。

家で仕事をしていると、よそ様の子供と笑いながら接しているのに、
自分の子供には、「うるさいから静かにしとき!」とかって言ってるんですよね。
よく考えたら、これはエライこっちゃなことを言ってたのかも。。。

でも、レッスンの話しとかは、子供にもわかる範囲で
話していると、いつの間にか協力してくれていたりするんですよね(^^)

去年の年末の発表会は、娘がアナウンスを買って出てくれたんですよ。
演奏はしなかったけど。。。
そういうのは、親としては、嬉しいことです。

おぉ!成長したな~って感じですヽ(^o^)丿

| かめちゃん | 2007/01/26 12:46 | URL | ≫ EDIT

>リエさん

子供と一緒にいたいという気持ち、よくわかります~。
私は、その思いが強かったので、
まわりでは、3年保育で幼稚園に行かれるところが多かったにもかかわらず、
2人とも2年保育で、通園しました。

下の子なんて、4月生まれだから、
ほとんど5年近く、ベッタリした毎日でしたよ~(笑)

仕事は、どんな量の仕事をこなしているのかにかかわらず
プロとして受けている以上、責任があるんだから、たとえ家での仕事であっても
その時間は、割り切ってやっていけることが大事ですね。
(って、なかなか難しいんですけど・・・)

| かめちゃん | 2007/01/26 12:50 | URL | ≫ EDIT

>take1962さん

自営業のお仕事が、どんなお仕事だったのか、私にはわからないですけど・・・。
でも、その中で経験したことを、takeさん自身がプラスに思って、良い方向へ動かせるといいですね。

仕事に生活のためとか、趣味とかってあるのかな~?

ギャラをいただいて、お仕事している以上は、プロとしてやっていかないといけないと思うんですけど。

でも、仕事と子供との関わりは、いつも悩んでいて
これが正解!っていうのは、ないんだと思っています。
その家庭によって、家庭の方針っていうのもあるので
その中でベストを探せば良いと思うんです(^^)

| かめちゃん | 2007/01/26 12:54 | URL | ≫ EDIT

かめちゃん。

お月謝もらっている以上 プロですもんね~
その言葉痛いほどわかります。

私も自分の身体に気をつけることはもちろん 子供がたとえ病気になっても 心を鬼にして 割り切って仕事をすることなど。。。 いろいろつらいこともありますが、でもその分子供たちが頼もしく成長してくれました。子供たちも 親が仕事をする姿を間近に見ながら、きっと何かを感じ取って成長してくれると思います。チビ娘の面倒も ほんと兄妹でよく見てくれますよ♪
お互い がんばりましょうね~☆

| non | 2007/01/27 16:57 | URL | ≫ EDIT

>nonさん

そうなんですよね。
子供が、病気になったときが、一番ツライですよね。
私も、親に預けて、レッスンしたりしていました。

でも、仕事をしている姿を見せられる、家でできる仕事をしているんだから、
そこから感じ取ってくれているものも、たくさんあると信じています。

本当、がんばりましょうね~♪

| かめちゃん | 2007/01/27 22:07 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pianotte.blog53.fc2.com/tb.php/217-b9903e43

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。