FC2ブログ

Pianotte ~ ぴあのって ~

大阪府河内長野市のピアノ教室です。レッスン日記や、レッスングッズ、使っているテキストやCDの感想、日常の中で気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

面倒と思わずに

音符を読めるようになるまでは、
楽譜の音符を読んで、リズム拍数を考えながら弾くのはとても大変。

でも、それを面倒がっていると
いつまでたっても、弾けるようにはなりません。


レッスンで、教室にはいってくるなり、

「練習したんやけど、弾かれへんかってん」

と、宣言してくれる生徒ちゃんが
ちょくちょくいるんですね(^^;)


そんなとき、
「じゃあ、その曲、ここで弾いてみよか」

と、話しながら、弾いてもらうんです。

たいていは、音符をいい加減に読んでいることが多いです。
というか、音符を読むのが面倒で、読まずに眺めただけで
なんかわかれへんと、そこであっさりとやめていることが多い。


あかんやん!

なんのために、毎週、大譜表カードや線と間の魔法の呪文の
練習してるのさ~。

レッスンにきて、そこで音符をきちんと読めば弾けるんだから、
おうちでも練習しようよ~。

やれば出来るんだからね!

あと、楽譜をちゃんと見ながら弾いてね。
鍵盤と手しか見ていなかったら、
新しい曲が弾けないのは当たり前なんだからね~。

作曲やアレンジしてや~
って宿題は、出してないで~~~。


▼音楽の世界を広げましょ(^^)
 コチラをポチッとクリックしてくださいね。

▼かめちゃんオススメ講座
きのうより、ちょっとポジティブな自分になる♪コーチング入門講座


関連記事

| [ピアノ教室]レッスンのこと | 23:37 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

面倒くさがり

>レッスンにきて、そこで音符をきちんと読めば弾けるんだから、
本当にそうよね!
練習したとは言っても、ただ楽譜を眺めてただけ・・・ということでしょうね。
どこにもいるのね、同じような生徒。(笑)

| サトウ | 2006/10/12 00:13 | URL | ≫ EDIT

生徒ちゃん
むかーしのわたしみたい(苦笑)

・・っていうか、わたしの場合
そもそもが「ピアノを弾く」ってことが
向いてなかったんですが・・・@いまから思うと

どこの世界でも
「教えること」は、忍耐がいりますねー(^^;

かめちゃん、がんばって~!

| take1962 | 2006/10/12 08:49 | URL | ≫ EDIT

>サトウさん

楽譜の見た目がちょっと「黒い」と、
「なんか難しい」って、練習をやめちゃったり、弾くのをやめちゃう子って
けっこういますよね~。

もっと曲のことを、知ってもらいたいな~って思いますよね(^^)


>take1962さん

特に、ピアノの導入期の場合は、
ピアノを弾くことが向いていないってことはないと思うんですよ~。
ただ、「弾く」ためには、いろんな要素が絡みあっているんだけど、
私達が子供の頃って、そういうことってキチンと指導していただいていないと思うんです。

ただ、レッスンに行って、練習していなかったら
先生にとっても怒られて、
「なぜ練習しないの?!練習しないんだったらやめなさい!」
みたいなことを言われて、間違えたら、手をバチッ!って叩かれて・・・。

それで向いていないですって印籠を渡されて・・・。

今の時代は、そんな時代じゃないし
ピアノをどうすれば弾けるようになるのかっていう情報も
たくさんあるから、
せっかくレッスンに来てくれている子達には
コンプレックスを持ってもらいたくないな~って思っています。

そういう気持ちっていうのを、子供たちに伝えるのは
とっても難しいですけど
がんばります~~~!

| かめちゃん | 2006/10/12 10:56 | URL | ≫ EDIT

↑ ↑ ↑

こんな風に思うのは、私自身
子供の頃は、不器用で(今でもだけど)
優秀な生徒じゃなかったからだと思います~。

| かめちゃん | 2006/10/12 10:58 | URL | ≫ EDIT

>ただ、レッスンに行って、練習していなかったら
>先生にとっても怒られて、

違うのよー。
私の先生は、とても優しかったの。
毎回、レッスンの時間に練習してたんだから、私。

ただ、ただ、ピアノを弾くのが好きじゃなかったの。

ああ、でもね、
先生のこと、とても優しい先生だったけど
あまり好きじゃなかったなぁ。

男の先生だったんだけど・・何となく。

| take1962 | 2006/10/12 17:12 | URL | ≫ EDIT

> take1962さん

もしかしたら、それって、ピアノが向いていなかったわけではなくて
先生との相性が良くなかったのかもしれませんね~。

| かめちゃん | 2006/10/12 22:17 | URL | ≫ EDIT

この前泣かせた生徒。譜読みでいつも挫ける。
けどいつも大泣きしてじたばたしても誰も助けてくれないとわかるとしっかり譜読みをして弾けるようになってくれる。だから遠慮なく毎回譜読みの時期には泣かせるのだけど、ピアノを知らない親にしてみればそれは不思議な事だったみたい。
「うちの子、この曲は知らない(聞いたことない曲)だから、先生に怒られても弾けないんです」って。
だから音符を読んで音を組み立てていくのがレッスンの目的であり、それが大切なこと。
生徒はそれをちゃんとわかっている。
今回親にもその大切さと、子供が普段見れないレッスンでの悪戦苦闘して頑張っている様子を見てもらえてよかったです~。

・・・・と言う私も音符の旗が多いと挫けてしまいそうになる(--;)> イヤァ

| 飛鳥 | 2006/10/12 23:03 | URL | ≫ EDIT

>飛鳥さん

譜読みがイヤなのは、みんな同じだもんねぇ。
弾く曲すべてを聴いたことがあったり、知っている曲とは限らないもんね(^^;)

で・・・
それを、どれだけ自分で譜読みするか・・・
が、力をつけていくことになるんじゃないかな?と思ってます。

私もハタが多いのも、和音だらけも苦手だわ(笑)

| かめちゃん | 2006/10/13 06:58 | URL | ≫ EDIT


>先生との相性が良くなかったのかも

あ・・・
もしかしたら、そうだったのかも!

| take1962 | 2006/10/13 08:21 | URL | ≫ EDIT

> take1962 さん

(^^)
ピアノも音楽もキライにならないでくださいね~☆

| かめちゃん | 2006/10/13 17:49 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pianotte.blog53.fc2.com/tb.php/144-295504e1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT