FC2ブログ

Pianotte ~ ぴあのって ~

大阪府河内長野市のピアノ教室です。レッスン日記や、レッスングッズ、使っているテキストやCDの感想、日常の中で気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

メトロノーム

レッスンで、譜読みの段階のときに
ゆっくり弾くのは、音を丁寧に読むためにも
とても大切です。

が、いつまでも、ゆっくりゆっくりのままというのは
やはり、少し困ります。

というのは、


ある程度のテンポ感をもって、
その曲にあった速さで弾けるようにならないと
できれば、○にはしたくないと思うんですね。


たとえば、バスティン・ピアノベーシックに出てくる
「タランテラ」という曲ですが、
タランテラというのは、元々が速い曲なわけです。

6/8拍子を、123456と数えて弾くのではなく
1・・2・・と2拍子で弾いてほしいんです。

ゆっくり弾いていると、2拍子には聴こえないんですよね。

2拍子に聴こえるように弾こうと思えば
ある程度のテンポが必要なわけです。

だからといって、乱暴に弾くのは困るのですが
一定の速さをキープして弾くためにも
メトロノームに合わせる練習って、大事ではないかなと感じています。


一定の速さで弾く。


とても大事なことです。


▼テンポをキープする練習にメトロノームを使いましょう。

 こちらは、便利な電子メトロノーム

その他にもいろいろあります。
コチラからどうぞ~♪






関連記事

| [ピアノ教室]レッスンのこと | 23:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

必要を感じる子は、メトロノームをかけていても、
勝手な早さで弾きます。あわせる事が出来ません。
つまり、自分の音だけでなく、メトロノームの音も聞けないんですよね。
困ったもんだわ。

| ばっは | 2006/10/03 20:22 | URL | ≫ EDIT

>ばっはさん

そうそう!そうなんですよ~。
メトロノームとあっているときには、ピアノの音とメトロノームの音が
シンクロして聞こえなくなるんやで~って言うんですけどね~。

あと、どうしてもっていうときには、
バスティンの場合は、MIDIデータを使います。
これだったら、一定のテンポで、合わせることで
メトロノームの役割りをしてくれるから(^^)

| かめちゃん | 2006/10/03 22:35 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pianotte.blog53.fc2.com/tb.php/139-c0bd7c19

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。