FC2ブログ

Pianotte ~ ぴあのって ~

大阪府河内長野市のピアノ教室です。レッスン日記や、レッスングッズ、使っているテキストやCDの感想、日常の中で気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

指のエアロビ

リズムカードでチラッと触れた「指のエアロビ」とは、なんぞや?ということですが、



これは、読譜とは離れて、両手5指で弾ける曲をどんどん弾こう!
というものです。

まず、手のポジションはCポジション(ドレミファソ)に
手をおきます。
この位置に手をおいたままで弾ける曲っていうのは、
たくさんあるんです。

みつばちマーチ(ミドミドミソソ~)
ぶんぶんぶん(ソーファーミー、レミファレドー)
糸巻き(ソーソーソミドミ、ソーソーソミドミ)
河は呼んでいる(ミード、ミード、ミードレー)
かっこう
エトセトラ、エトセトラ。

最終的には、ジングルベルを弾けるようにします。

これには理由があって、
ジングルベルには、リズムカードのときに書いた
音符がすべて出てくるんですね。
(全音符、符点ニ分音符、ニ分音符、四分音符、2つの八分音符)
ということで、リズムと指の両方からのアプローチにもなるわけです。


なぜ、「指のエアロビ」というのかというのは、
Cポジションだけではなく、これを
Gポジション(ソラシドレ)、Fポジション(ファソラシド)などに移調してどんどん弾くからです。

本当は、全12長調弾けるようにするのが目的ですが
なかなかそこまで出来ないんですよね~。
それでも、C、G、Fの3つは必ず弾けるようにしています。

実は、これはバスティンのテキストレベル2以降に出てくる
移調練習の伏線なっているんですよね。

ここで、移調と思わずに移調の練習をしておけば、
レベル2以降に出てくる移調の練習がラクになるので、
またまたピアノの練習生活が、シアワセになっていくんです(^^)

☆レッスングッズ関連記事はコチラ


▼参考になったと思われたら
 コチラをポチッとクリックしてくださいね。



関連記事

| [ピアノ教室]レッスンのこと | 22:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pianotte.blog53.fc2.com/tb.php/117-3130add7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT