FC2ブログ

Pianotte ~ ぴあのって ~

大阪府河内長野市のピアノ教室です。レッスン日記や、レッスングッズ、使っているテキストやCDの感想、日常の中で気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リズムカード

レッスンのときに、大譜表カードと一緒に活躍しているのが、
↓このリズムカードです。
リズムカード

使い方は、


ごくごく導入の、音価を覚えていくときには、
右上にある、音符の長さに対応したリンゴの絵のあるものを使いますが、
私が一番良く使っているのは、ピンクの16枚のカードです。

ここには、全音符、符点ニ分音符、ニ分音符、四分音符、八分音符の
5種類の音符を使ったリズムが、1枚のカードに4拍分のっています。

これを好きな順番に並べて、リズム打ちをするんです。
(横に4枚、縦に4枚並べます)

そのときのリズムの読み方ですが、
私は、バスティンの講座を受けたときに、教えていただいた読み方でいつもしています。

全音符・・・・・・ぜん おんぷ のば そう
符点ニ分音符・・・ふーてん にーぶん おんぷ
ニ分音符・・・・・にーぶん おんぷ
四分音符・・・・・しーぶん
八分音符・・・・・2の8

  ※八分音符は、ハタのついた八分音符ではなく
   八分音符2つがつながったもので
   リズムがあらわされています。
   2つの八分音符という意味です。

    |   |   |
    |   |   | 
    ●   ●   ○  ←これだったら、

  しーぶん しーぶん にーぶんおんぷ


という読み方です。
あまりゆっくりリズム打ちをするのではなく
メトロノーム100くらいの早さで、リズム打ちをしています。

スムーズに叩けるようになってきたら、
符点四分音符とハタのついた1つの八分音符がはいった
リズムカードを加えていきます。

詳しい説明は、リズムカードの中に、
説明された紙がはいっています。


音符が読める(読譜)、リズムがわかるの2つが
スムーズにできるようになってくれば、
あとは、指がしっかり動くように「指のエアロビ」をして
自分で楽譜を読みながら、おうちでも1人で練習ができるので
ピアノ練習生活がシアワセになっていきます(^^)

「指のエアロビ」については、また今度。


☆大譜表カード関連記事
  参照 2006/05/15 読譜
      2006/05/16 成長していることを感じるとうれしいね☆
      2006/08/19 大譜表カード

レッスングッズ関連記事はコチラ

▼参考になったと思われたら
 コチラをポチッとクリックしてくださいね。




関連記事

| [ピアノ教室]レッスングッズ | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pianotte.blog53.fc2.com/tb.php/116-5b2491ed

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT