FC2ブログ

Pianotte ~ ぴあのって ~

大阪府河内長野市のピアノ教室です。レッスン日記や、レッスングッズ、使っているテキストやCDの感想、日常の中で気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

音楽祭終了。雑感

息子の学校の行事、音楽祭が無事に終了しました。
音楽祭という名の合唱コンクールです。

息子が伴奏を引き受けていたことはコチラに書いています。

結果、息子のクラスは銀賞をいただきました。
みんなすご~く喜んでいたようです^^

息子の伴奏については、某所で親バカっぷりを
たっぷりと書かせていただいたので、こちらでは合唱全般の感想を・・・。


今回の合唱コンクールは、
中学生3学年が、クラス対抗で合唱するようになっていました。

中学1年生から始まった合唱ですが

「あれ?中1ってこんなに小さかった?」

というくらい幼い感じ^^

男子はまだまだ声が変わっていない子も多いようで
少し太い声と、そうではない感じとが入り混じっています。

中2になると、どんどん変声期の男子が増えてくるんですね。
歌うのが少し辛そうな子も多いようです。


そして、中1、中2くらいだと合唱って少し恥ずかしいというのもあるみたいです。
あまり声も出ていないし、なんとなく照れとかやる気なさそうな
歌い方をするんですよね^^;

これ、今年で聴きに行くのは3回目ですが、毎年同じように感じます。


で、中3。

ここまでくると、なんでもどんと来い


どのクラスもしっかり歌っていました。
男子の安定してきている声の影響もあると思います。


安心して聴いていられるという感じでした。




今年は、息子が伴奏をしていたというのもあって、
歌だけではなく、伴奏にもかなり耳を傾けていました。


そこで感じたことは、

合唱の伴奏は、ピアノソロではない。

ということ。


当たり前のことなんですが、ピアノソロの演奏は
自分1人のパフォーマンスです。


でも、伴奏っていうのは、違うんですよね。

主役はあくまで合唱なんです。
ピアノはわき役であって縁の下の力持ちでないといけないんです。


合唱と伴奏と指揮者のバランスがうま取れているとこが
聴いていて心地良いです。



あと、クラスの雰囲気もあらわれるんだなぁ。と思いました。
普段から仲の良いクラスは、きっと声も1つになるんだと思います。

みんなの声を合わせようという気持ち・意識が
思っていなくても、出てくるんだと思います。

そういう演奏が多かったように思います。




最後に・・・。
思春期で照れや恥ずかしさがあるだろうと思う中学生ですが
楽しく思える気持ちで歌えたら、きっともっと素晴らしい演奏になるんでしょうね!


そういうことを、合唱コンクールが終わったあとの
吹奏楽部の演奏を聴いて感じました。


シンフォニーホールで、全国大会で金賞を取っている吹奏楽部の演奏をタダで聴けたのは、
なんだかトクした気分です♪



今日は良い1日でした^^

関連記事

| [音楽]雑記 | 22:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pianotte.blog53.fc2.com/tb.php/1098-ef19d80e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。